プロペシア(propecia)

プロペシア

プロペシアはアメリカのメルク社が開発したとても人気のあるAGA治療薬です。

プロペシアの主成分は"フィナステリド"で、元々は前立腺肥大症や前立腺癌の治療に使われていました。

しかしフィナステリドを利用した患者に発毛がみられ、AGA治療薬として研究・開発されました。

日本ではMSD株式会社が2005年に国内販売しました。

効果

プロペシアは、男性型脱毛症の進行を抑える効果があります。

プロペシアの主成分フィナステリドは、男性ホルモンであるテストステロンを、抜け毛・薄毛の原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)へと変換する酵素である5α還元酵素Ⅱ型の働きを阻害します。

そのため、抜け毛を抑制することが出来ます。

使用方法

1日1回、0.2~1mgを服用します。 24時間周期で決まった時間に服用することが望ましいです。

副作用・注意点

・眠気
・初期脱毛
・勃起不全
・性欲減退
・肝機能障害 など 症状がひどい場合、使用をやめ医師または薬剤師の相談してください。

※副作用には個人差がありますが、症状が激しい場合は服用を中止し医師の診断を受けてください。

このページの先頭へ