ジェネリック医薬品ってどんな薬?

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、新薬(先発医薬品)の期限が切れた後に販売することが出来るお薬です。

新薬と同じ有効成分・効果がありながらとても価格の安いお薬です。

そのため、患者さんの負担を減らすとともに、国全体の医療費削減にも大きく繋がることが期待されています。

新薬とジェネリック医薬品について

新薬とジェネリックイ薬品の違いとはいったいどんなところにあるのでしょうか? 2つの医薬品の違いを見ていきましょう。 一般的には、効果や成分は新薬と同じでありながら低価格で購入できるところがメリットとなっています。

新薬(先発医薬品)

新薬とは、製薬会社が新しく薬を開発し治験を行い、効果があると認められ特許を取ることで、その薬の販売を独占して製造・販売された医薬品のことを言います。
特許権は20~25年の特許期間中、その薬を独占的に製造・販売することができます。

ジェネリック医薬品(後発医薬品)

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許の期間(原則20年~25年)が切れ、他の製薬会社が同様の有効成分を用いた医薬品を製造販売することができるようになり、製造された医薬品のことを言います。

新薬とジェネリック医薬品の違い

新薬とジェネリック医薬品は、同じ有効成分を同じ量使って作られています。

違いは価格の他に、医薬品の色や形・味・添加物などが変わっていて新薬より飲みやすくなったりしています。

逆に、有効成分の量や種類・効果・用法容量などは変えてはいけません。

ジェネリック医薬品の有効成分は、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」という法律にもとづいて、厳しい規制や基準を守り開発・製造されます。

さらに厚生労働省の審査をクリアし、効果は変わらず安全な医薬品と認められて初めて販売されます。

また、新薬は高い費用をかけて開発したため、後から作られたジェネリック医薬品の販売価格を先発メーカーの2~8割にするよう、国で定められています。

このページの先頭へ