性病に効く治療薬

けんか

今、若者の間で増え続けいている性感染症。原因はさまざまですが、性感染症の知識がないために、放っておく人が続出しています。

きちんと完治させないと、繰り返し症状が出てしまったり不妊症になってしまう危険性もあります。

日本人で多いとされている、クラミジアや淋病などの性感染症全般に効果がある、性病薬を紹介します。

アジー(azee)

アジー

アジーはジスロマックのジェネリックで、主にクラミジア感染症や淋病などの性感染症による菌を治療する薬です。

クラミジア感染症による腫れや発熱等の改善の効果があります。

クラミジアや淋病などの性感染症の他に、マイコプラズマ細菌やレジオネラ細菌にも効果がある、多様性のある治療薬です。

レボクイン(levoquin)

レボクイン

レボクインは抗菌薬クラビットのジェネリック医薬品で、抗菌性の高い性病薬です。

主にクラミジアや淋病などの性感染症に使われる治療薬です。

他にも、尿道炎や膀胱炎・のどの腫れ・歯肉炎など、さまざまな症状に対応できます。

有効成分はレボフロキサシンで、経口タイプの治療薬です。

アシビル(acivir)

アシビル

アシビルの有効成分アシクロビルが、ウイルスの増殖を阻害することで症状を改善します。抗ウイルス剤でウイルスのDNA合成を阻害し、帯状疱疹ウイルスの増殖を抑えます。

疲れやストレス・睡眠不足によって再発してしまうヘルペスの再発防止や早期治療に有効な治療薬です。

一度感染してしまうと原因のウイルスを死滅させることはできないので、アシビルなどの治療薬を使い、早めに治療をすることが重要になっていきます。

このページの先頭へ